家庭菜園の土作り 畑編

家庭菜園を始めたいけれど、まず何からしたらいいの?
土作りってどうやってするの?

初めての家庭菜園は分からないことがいっぱいです。
せっかく自分で育てるのですから、
「美味しい野菜」「無農薬有機野菜」に挑戦したいですよね!
そのためには土作りが欠かせません。

では、作物が良く育つ「良い土」とはどういった土なのでしょうか。
よく「フカフカな土」「水はけ水持ちがよい土」などが良い土と言われますが、
これらは土壌の微生物の働きによって得られる効果です。
ただ耕したりしただけでは、その時は柔らかくなるかもしれませんが持続しません。

”土”は木や草などの植物の死骸が微生物に分解され、長い時間をかけて作られるものです。
ですから、分解者である微生物、中でも特にいい働きをする善玉菌が土の中に多く存在する状態を作ってあげることが大切です。
善玉菌を増やすということは、土を変えたり、深く耕したりするよりも高い改善効果を得ることができるのです。

〇善玉菌が増えることによって期待できる効果〇

☆水はけ水持ちの向上(バランスがよくなります)
☆肥もち向上
☆土がやわらかくなる
☆土のPHが安定、植物の病気が減少する
☆根張りがよくなる
☆土壌消毒不要
☆農薬不要
☆連作障害なし

土の状態を確認してみよう

まずは畑の状態を確認してみましょう。
土の状態を見れば何をするべきかが分かります。
最初に3つのポイントをチェックしましょう!

①10cm離した状態で土の臭いがするのがわかる。
土の臭いがわかる

②地面を掘ると白い菌が肉眼で確認できる。
地面を掘ると白い菌を確認できる

③棒を土に刺すと25cmくらいは簡単に入る。
棒を刺すと25cm位は簡単に入る

いかがでしょうか?
一つでも当てはまらないものがある場合、土の中の善玉菌がまだ少ない状態であると言えます。

どうやって土の中の善玉菌を増やすの?

それでは土の中の善玉菌をどうやって増やせばよいのでしょうか。
微生物の餌となる有機物(もみ殻や米ぬか)を投入するなどいろいろ方法はありますが
栄養となり、微生物が増え安定するまでには非常に時間がかかります。
そして、投入しすぎても土壌のバランスが崩れ、かえって悪い状態になってしまいます。
土作りは「経験がものを言う」作業であるといわれるのは、こんな理由からでしょう。

初心者でも簡単にできる!効率的に善玉菌を増やす方法!

先ほどもお話ししましたが、自然任せにしていても善玉菌はなかなか増えてくれません。
経験のない初心者でもできる方法、それは「微生物資材」を利用する方法です。

「自然の恵み」は14種の有用微生物(善玉菌)を共生させた資材です。

自然の恵み20L
自然の恵み 20L徳用(面積の広い方向け)  キュアソイルシリーズ(プランター向け)

使い方は簡単、今ある土に混ぜるだけです。
※体積比20%ほど加えます。初めてお使いいただく場合は多めに入れていただくと早く効果があらわれます。

微生物に必要な栄養分も含まれ、微生物が増えていく環境に整えてありますので
土壌の状態にかかわらず、効果を発揮することができます。

自然の恵みシリーズ詳細ページへ

本来は時間も経験も必要な土作り、
「自然の恵み」を利用して、初心者でもプロ顔負けの畑にできます!
効率よく土作りをするサポート資材として、是非ご利用ください。


↑販売サイトはこちら↑