寝苦しい夜が続くこの時期、熱帯夜ともなれば、植物も大変な状態になっています。

暑い夏

植物が昼は光合成をすることで、大気中の二酸化炭素を酸素に変え、栄養分を蓄えていることはよく知られています。

その植物が、夜中に何をしているかを知らない人が意外と多いのです。

植物は夜の間は、人間と同じように酸素を消費して二酸化炭素を出しています。この現象は、植物は主に夜の間に成長することを意味しています。

地球上の生物はすべからく成長するときは、呼吸によってエネルギーを燃やそうとするからです。

しかし、熱帯夜の夜は少し状態が変わります。
単純に成長のためだけに呼吸をするだけでなく、暑さから身を守るため、同様にエネルギーを消費するようになります。
そのエネルギーはどこから作られるのでしょうか?
昼間に光合成で蓄えた分だけではとても足りません。実をつける植物なら実の中の栄養分まで手をつけてしまいます。
この時期だと桃などは注意が必要です。せっかく収穫間際まで来たのに熱帯夜が何日も続くと桃の中の糖分を木が使い込んでしまい、水っぽい味の薄い実しか収穫できなくなってしまいます。
天気が良ければ、農作物は豊作になるような気がしますが、実は暑い日が続く年は品質の良い農産物が少ない年でもあります。
 
植物自体の温度の上がりを防止する方法は、あえて雑草を生やして、地面からの照り返しを防いだり、下枝を払って風通しを良くしたりするのが一般的ですが、土壌中に微生物を潤沢に増やして、土の保水力を上げてやるのも効果的です。
土に水分が多く含まれていると蒸散による気化熱や地面温度の上昇抑制などたくさんの良い効果が生まれます。

土づくりは植物の成長促進だけでなく、周りの環境変化から守る効果も発揮するのです。

 

■ まとめ ■
・植物は夜に成長する。
・暑い日が続くと農産物の品質も悪くなる。
・土作りは植物の成長促進だけでなく、環境変化から守る効果もある。