124543

家庭菜園で収穫した野菜が苦かったり、おいしくなかった・・・
ということはありませんか?

長い時間をかけて一生懸命育てた野菜なのに・・・
これではがっかりしてしまいます。

 

 

原因は・・・?

化成肥料を使ったり、有機肥料であっても過剰に使っていることが原因です。


栄養がありすぎる土で育った野菜は、体を作る細胞が間延びして弱くなってしまっています。
さらに、大量の肥料から出た硝酸やシュウ酸を必要以上に植物が吸収し、その細胞内に貯め込んでしまいます。
こうした成分が多く含まれる野菜は、口に入れた時に苦みや渋みを感じるようになるのです。
そして、弱くなった細胞壁が細胞内の大量の酸にさらされ続けるため、鮮度が落ちるのがとても早く、食味(おいしさ)も極端に悪くなってしまうのです。

 

土の中で栄養を分解してくれる微生物を増やそう!

まず化学肥料を使わないことが理想です。生き生きした野菜
そして、植物が肥料を効率的に吸収できるようにしてくれる善玉菌(良い働きをする微生物)の数を増やすのが効果的です。
土の中に善玉菌が増えると、植物の生育に合わせて必要な分だけ栄養分がつくられるようになります。過剰に栄養分を取り込まないようになれば、鮮度が長持ちし、おいしい野菜が育つようになるのです。

 

 

自然の恵み®で効率の良い畑へ!

自然の恵み®20ℓ製品を3坪に対し1袋の割合で投入すると、自然界の1万倍以上の数の微生物が行き渡り、
植物が栄養を欲しがるそのタイミングで、必要な分の栄養分を効率的に供給できるようになります。
今までに入れすぎた肥料の除去調節も自然の恵み®が自動で行ってくれます

ご利用者の声

★50代農家(千葉県)

にんじん農家です。

自然の恵み®を使うようになってからにんじんの中の硝酸の残留量が全国平均を大きく下回るようになりました。(ほとんどゼロです)
また、通常は1週間ほどで傷みが出始めるのが普通なのですが、うちのにんじんは、冷蔵保管なら3か月経っても鮮度が保持され、痛みが出ないので驚いています!
(野菜内成分調査は東京デリカフーズ様の分析データによります)

にんじん畑
にんじん