うどんこ病やモザイク病、つる枯病などkobara10
家庭菜園をやっていると色々な病気が発生します。
気をつけているつもりなのに、毎年発生してしまう・・・
酷い時には蔓延してしまい、
大切な野菜たちが全滅してしまうなんてことも!

 

 

 原因は・・・?

農作物に病気が発生するのは、田畑の土の中に悪玉菌(悪い働きをする微生物)が増えすぎて植物の病気の原因
バランスが崩れているため起こります。
植物の病気の80%はこの悪玉菌が原因と言われています。
環境が悪いと病気になりやすいのは人間と同じですね。 
土が「健康的な状態」でないと、植物も病気にかかりやすくなるのです。

この土の中の悪玉菌は、日常に行う何気ない行為でも
どんどん増えることがあるので、注意が必要です。

例えば

・農薬、殺虫剤の使用 → 善玉菌(良い働きをする微生物)まで駆除してしまう。
・化成肥料の使用 → 善玉菌が増えるのを阻害する。
・定期的な土壌消毒 → 生態系を破壊してしまう。

など、良かれと思ってやっている行為が
土壌のバランスを崩す原因になっていることもあるのです。

農薬の使用

農薬の使用

化成肥料の使用

化成肥料の使用

定期的な土壌消毒

定期的な土壌消毒

 

 

善玉菌を増やして悪玉菌を抑制、健康的な土へ!

農作物の病気の発生を抑える一番の方法はth
善玉菌を増やすことで、悪玉菌の働きを抑制することです。
土の中の善玉菌を自然に増やすには、多くの時間と手間が必要になります。
選び抜かれた善玉菌を土の中に入れることが
手っ取り早くて効果的です。

 

 

自然の恵み®で善玉菌を増やそう!

植物の病気の原因は、カビ類やセンチュウ類がほとんどを占めます。
自然の恵み®20ℓ製品を3坪に対し1袋の割合で投入すると、自然界の1万倍以上の数の善玉菌が行き渡り
悪玉菌の活動を抑制します
土づくりの基本は、まず善玉菌を増やすことからはじめましょう!

 

ご利用者の声

★60代菜園家(岐阜県)

毎年、うどんこ病やつる枯れ病が頻発していた畑で、
土壌消毒後に自然の恵み®を添加したところ
今年は病気が発生しなくなりました!

udonnkobyou
★50代農家(長野県)

例年、ネコブセンチュウの害に悩まされていましたが、
今年しっかり土壌消毒し、2週間後に自然の恵み®を入れた所、
収穫品にはネコブセンチュウによる被害はほとんど見られなくなり、驚きました!

ネコブセンチュウ